シャンプーの雑学

シャンプーとは

シャンプーとは、皆さんが知っている通り、髪を洗う洗剤のことです。頭皮の汚れを取り除き、マッサージ効果を得ながら清潔を保つための道具です。髪を洗浄するものをシャンプー、髪の表面をコートするのがリンス、髪の中に成分を浸透させてしっとりさせるのがトリートメントです。昔はリンス成分が配合されていたリンスインシャンプーもありました。
シャンプーは主に高級アルコール系シャンプーが利用されています。一般的に言う合成シャンプーの事で、防腐剤や界面活性剤に石油系のものを使用しています。ドラッグストアやスーパーなどで売られているのはこのタイプです。その外、石鹸シャンプーは無添加シャンプーとも言われることがありますが、主成分が石鹸でアルカリ性となっています。髪が弱酸性である事から、石鹸シャンプーはパサパサになったり、指通りが悪く感じられます。その代わり分解しやすく環境や肌には優しい成分です。アミノ酸系シャンプーは刺激が少ないのが特徴で、美容室などの高級シャンプーとしても利用されています。後は、洗浄成分が植物成分など無添加で作られているもの、シリコンが入っていないノンシリコンタイプも最近では人気があります。
現在では石鹸を主体としたものよりも、界面活性剤を利用した洗浄成分のシャンプーが主流です。

関連情報